車のフロントガラスの水垢は落とし方はあるの?ウロコ取りには酢やクエン酸がきく?

毎週洗車を行っているのに気づいたらフロントガラスに水垢が!なんてことはありませんか?

落とし方などが分からなくてお手上げなんてのもありますよね!

フロントガラスは基本的に毎日、水拭きで拭くのが理想的ですが、ちょっと仕事が遅くなったりしてフロントガラスを拭くのをサボっていたら、すぐに水垢になってしまい固着してなかなかとれません。

そもそも水垢の原因をご存じですか?原因は、油汚れや、劣化したワックスやコーティング剤、花粉や大気中の埃などが雨や結露つまり水分によって固まりこびりついた汚れです。

洗車時にフロントガラスを拭き取ると綺麗なタオルがすぐに汚れますよね?
まさに、その汚れが水分を含みその後、太陽の熱などで乾燥し固って水垢になります。この状態では、なかなか頑固で落とせません。

落とし方など特殊なやり方があるのか?考えますよね!

しかし、原因が分かってしまえばこっちの物です。簡単に取り去る方法をご紹介致します。

車のフロントガラスの水垢は家庭用品で落ちる?

ふとフロントガラスを見ると、白い水滴の後が沢山ありますよね?それを、車に詳しい人達は「ウロコ」と呼びます。

フロントガラスに、白い後が魚の鱗に見えるからです。すぐ手に取れる身近な物で使用してみようと思います。

スポンジは「メラニンスポンジ」や「激落ち君」がオススメです。他は「酢」「クエン酸」など家庭でも使用している調味料が意外ときくので使用します。

それぞれの、道具は誰でも簡単に出来るので作業してみましょう!


道具について詳しく見てみましょう!
スポンサーリンク

水垢取りにはメラニンスポンジ

メラニンスポンジとは、合成樹脂でメラミンとホルムアルデヒドとの重縮合でつくられたものです。

メラミン樹脂をスポンジ状に加工したものが、メラミンスポンジになります。

汚れを「そぎ落とす」タイプになるので、洗剤を使わなくても食器の汚れを落とすことが出来ます。

このスポンジは使い捨てになるので使用する場合は、まず使いやすいサイズにカットしてから使用しましょう。

簡単作業方法

そのまま作業を行うとフロントガラスに傷が付く恐れがあるため先に、カーシャンプーで汚れを洗い流しましょう。そして、カットしたメラニンスポンジでフロントガラス全面を水垢が落ちているか確認しながら磨きます。この時あまり強くこらないようにしましょう。

最後に、綺麗なウエスなどで余分な水分を拭き取ったら完了です。

スポンサーリンク

水垢取りには激落ち君

激落ち君は水のみで使用可能な高性能スポンジです。こちらも使い捨てになります。

中身は、メラニンスポンジと同じような材質です。メラニンとホルムアルデヒドとの重縮合でつくられていて、それをスポンジ状に加工したものが、激落ちくんになります。

こちらも汚れを「そぎ落とす」タイプになり、販売している状態がカット済みのためそのまま手でちぎって使えます。

スポンジに網目が無数にあるため、水だけでガンコな汚れをかき取ります。水のみで使用することができ、汚れた物を綺麗に磨く事が出来ます。

簡単使用方法

激落ち君もメラニンスポンジと一緒です。そのまま作業を行うとフロントガラスに傷が付く恐れがあるため先に、カーシャンプーで汚れを洗い流し、そして、カットしたメラニンスポンジでフロントガラス全面を水垢が落ちているか確認しながら磨きます。この時あまり強くこらないようにしましょう。

最後に、綺麗なウエスなどで余分な水分を拭き取ったら完了です。

スポンサーリンク

水垢取りには酢

各家庭に、必ず「酢」は置いてあると思います。誰もが食用の調味料として愛用している商品です。
臭いは独特ですが、酸性なので家庭のシンク周りのお掃除道具としても活躍されています。

酢の成分は水垢汚れを「分解する」タイプです。酸性クリーナーにも匹敵する能力があり、使用時は車のボディやゴム製品などに付着しないようにしましょう。

使用方法

まずは、フロントガラスを綺麗に洗います。その後乾いたタオルなどでフロントガラスを拭き上げ水が付いていない状態にします。

ティッシュペーパーまたは、キッチンペーパーに「酢」を含ませます。お勧めはキッチンペーパーです。

フロントガラスの気になる部分に直接貼っていきましょう。30分~50分程、時間を置いた後はがしていきます。仕上げに水拭きで拭き上げ、うろこが無いか確認し無ければ終了です。

スポンサーリンク

水垢取りにはクエン酸

家庭での掃除用品の定番と言えば「クエン酸」です。「クエン酸」は酸性の性質を持つためアルカリ性の汚れに対して、中和させる効果を持ちます。こちらもキッチンの水廻りの汚れに対して効果を発揮します。

クエン酸は酸の成分で水垢汚れを「分解する」タイプです。使用するときは「酢」と同様に車のボディやゴム製品などに付着しないようにしましょう。

使用方法

やはりこちらも、フロントガラスを綺麗にしてからその後乾いたタオルなどでフロントガラスを拭き上げ水が付いていない状態にします。

ティッシュペーパーまたは、キッチンペーパーに「クエン酸」を含ませます。お勧めはキッチンペーパーです。フロントガラスの気になる部分に直接貼っていきましょう。

30分~50分程、時間を置いた後はがしていきます。仕上げに水拭きで拭き上げ、うろこが無いか確認し無ければ終了です。

スポンサーリンク

車の水垢取りにはやはり市販の油膜取りが適任!

上記の方法で残ってしまう汚れもあります。そんな時は自動車専用の掃除道具を購入しましょう!大手通販サイトやお近くのホームセンターでも購入できますので検討してみて下さい。

オススメの油膜取りは?

コスパ最強なのが、PROSTAFF(プロスタッフ) ウインドウケア キイロビン120 です。専用スポンジが付いてきて値段もお得です。これより小さいサイズもありますがどちらを選んでもOKです。

ですが、走行していると油膜が付くので気になって頻繁に油膜取りをする方は、オススメは大きいサイズです。

効果は絶大で、なかなか落ちなかった油膜を落すことができ運転中の視界をクリーンに出来ます。

作業方法は?

フロントガラスに付いた、埃や砂などを除去します。その後付属のスポンジに液をつけフロントガラスを磨きながら広げていきます。この時、広げすぎると液剤が乾燥するため注意しましょう!
乾燥したら、水を少しスポンジに含ませて磨きましょう。

油膜取りが弾かなくなったら、油膜が取れている証拠なので作業は終わりです。そのご、水をかけて液を流しましょう。

仕上げは、乾いたタオルなどで拭き上げましょう。

スポンサーリンク

まとめ

今回紹介した方法は、ご家庭で手に入りやすい物ばかりです。値段も高価な物では無いので、1度試してみて下さい。

家庭用品で落としきれない汚れは、自動車専用のクリーナーを使用することをお勧めします。コスパも良いので試してみて下さい。

如何でしょうか?家庭用品から車専用の用品まで状況によって使い分けることにより確実に、運転時の視認性が向上します。普段からフロントガラスを手入れすることにより安心して通勤やご旅行などに車を使用できますよね♪

雨の日に、見えやすくなると運転も楽しくなりますよ!

 

 

 

関連記事

関連記事がありません。