紫外線から来る目への影響とは?紫外線を放置するとどうなるの?

春になると気温も暖かくなってきますよね。花粉の時期で手一杯になっている方もいるはずです。

5月になれば気温も上がります。そこで気になってくる問題も!それは紫外線です。その紫外線は目にも影響があることをご存知ですか?

勿論、肌にも影響はありますが肌には日焼け止めクリームがありますよね?

紫外線は目にも影響があることをご存知ですか?肌と同じで、紫外線が当たればダメージを受けてしまします。

まず角膜に直接紫外線が当てってしますと、角膜に炎症がおき、目の痛みや充血などの症状が出ることがあります。

この症状を雪目(電気性眼炎)という症状が出ます。

気にせずに生活をしているとダメージは蓄積され、最悪の場合は目の細胞などを壊してしまい白内障などの目の病気になります。

白内障とは?

白内障は、眼球の中にある水晶体が濁っていく病気で時間がたつにつれて見えにくくなる目の病気です。
人間の目の中には水晶体があり、その水晶体の役割はカメラのレンズと同じで。

通常ならば光を遠しクリーンな見え方をするのですが、歳を取るごとに紫外線や他の影響を受けて少しずつ白く濁っていきます。

スポンサーリンク

予防する策はあるのか?

やはり気になるのが予防策ですよね?
紫外線予防には帽子などがありますが、目に直接かけるサングラスがおすすめです。最近ではコンタクトレンズなども紫外線対策に有効と言われてきています。

サングラスを選ぶ時は、ついついレンズの色が濃い物を購入してしまいがちですが、逆にレンズの色が薄いもので紫外線カット付きのサングラスがベストです。

なぜなら人間の瞳は、暗いところ瞳孔が開きより多くの光を取り入れようとします。
瞳孔が開くということは、普段とは比べ物にならないくらいの光(紫外線)が目に入ってきてしまうからです。

また、サングラスは正面からの紫外線には強いのですが、側方から入り込む紫外線には弱く塞ぎきれないことがあります。

サングラスをかけていて一番怖いのが、サングラスと肌の隙間から入り込んだ紫外線が集中することで大きなダメージを受けてしまうことです。

そこでサングラスを選ぶポイントとしては、レンズの大きいもので目を覆うようにガードできるものが理想です。

ただ、男性物はスポーツタイプがあり良いのですが、女性はファッションに敏感なのでなかなか自分に合ったサングラスが見つからないですよね?隙間があるサングラスしか、もっていなくてもつばの広い帽子でカバーすれば側面から入ってくる紫外線を防ぐことがでるので試してみてくださいね。

スポンサーリンク

まとめ

紫外線の影響は、肌だけでは無いことが分かりましたね。
近年では、おしゃれな女性用サングラスが増えてきていますので、肌は日焼け止めクリームで予防して、目はサングラスで予防してみては如何でしょうか?

購入しなくても、商品を見てみるのはタダですからこれを気に調べてみる価値はありますよ?

関連記事

七五三は何歳で行うの?七五三の決まり事とは?

人間力の定義は何?これからは技術だけでは生きていけない?

夫婦円満の秘訣!いつまでも仲が良い我が家は自然と秘訣を実行してました!公開致しま...

整備士で転職サイトはエージェントがおすすめ!転職サイトの違いや心得は?

仕事でメンタルが限界 ストレスをためずにメンタルを強くする方法は?

花粉症に効果的?対策は飲み物からでもできる?オススメの飲み物とは?