屋久島町で土砂崩れ発生で孤立した現在の状況は?場所や画像など

5月18日に鹿児島県屋久島町が豪雨にあい、荒川登山口付近などで土砂災害が起き通行中の車などが立ち往生にあっています。

現在、怪我人などは出ていないようですが、とても心配になります。

救急ヘリなどは、18日中には出動しないようですので立ち往生している車の中で一晩過ごすという人が沢山いるようです。

自然災害なので、恐怖の方が大きいですよね。怪我人がいないことを願うしかありません。

詳しい状況や、場所や画像などを調べてみました。

屋久島町で土砂崩れ発生で孤立した現在の状況は?

鹿児島県屋久島町は18日、局地的な大雨に見舞われ、観光名所・縄文杉に通じる「荒川登山口」付近などで土砂崩れが起きた。倒木などで道路がふさがれ、バス4台が立ち往生するなどし、210人以上が登山口付近で孤立した。県は午後9時に陸上自衛隊に災害派遣を要請した。

県や町などによると、取り残されているのは登山バス4台の乗客計180人以上と、自然休養林「ヤクスギランド」の休憩所や乗用車内の約30人。バスは登山口の駐車場などに待機している。

気象庁によると、同町の午後6時40分までの6時間雨量は379ミリを観測した。同庁は記録的短時間大雨情報を出し、「50年に1度の大雨」として警戒を呼びかけている。

町は午後7時半、全町民約6700世帯、約1万2400人に避難勧告を出した。県は同6時半に災害警戒本部を災害対策本部に切り替えた。

県は19日朝から、天候次第で防災ヘリを飛ばし、自衛隊などと協力して救助活動を行う方針。

倒木などでバス4台が立ち往生するなどし、210人以上が登山口付近で孤立ているようですね。
県は午後9時に陸上自衛隊に災害派遣を要請したようで対応が遅いように感じられます。
なぜ、ここまで対応が遅くなってしまったのでしょうか?
理由は、強い雨が降っていて自衛隊などが救出や道路が通れるような復旧作業等ができるような状況ではなかったようです。
土砂崩れをしている所から雨水がだいぶ流れておりかなり危険な状態のようで、自衛隊側に被害が出そうな為やもえず断念したようですね。
幸い、車の中にいれば雨をしのげるようです。
ですが100人がバスの中にカンズメになっているので、ストレスはかかるでしょう。
雨の状況は、50年に1度の記録的な大雨で1時間に100ミリと強烈です、今後状況が悪化しないことを祈っています。

現地の状況や動画は?

状況は最悪だったようですね。

排水溝から噴水のように噴き出ている水には驚きです。


5/19日に日付が変更されてからのSNSの反応のようですね。

雨はやんでいるようなので、朝の自衛隊の対応で救出される時間帯などが決まりますね。

早く助けてあげてほしいですね。

救出時には、事故が無く進むことを祈っています。

 

関連記事

飯田 幸範の顔画像が判明?SNSやプロフィール、通勤途中の事故理由は?

小笠原幸光の顔画像判明?沼津市殺人未遂事件現場や店の場所は何処?

台風15号の被害状況や現在も停電が続くのに復旧はいつになる?

幕張メッセのイベントで炎上事件発生!ジャンプイベントで男性参加者のトラブル動画が...

藤木寿人のFacebook顔写真が特定!?逃走場所や自宅住所元議員秘書の真相は?

吉野家で炎上騒ぎを起こした大学生「ひで」を特定!本名や顔画像など!