はげは帽子を夏にかぶってはいけないの?はげ隠しに帽子はむかない?

はげを気にしない方もいますが、髪の毛があるのと無いのでは周りの目線が違いますよね?

はげているとどうしても周りの目線が気になってしまい帽子などを被って人の目線から自身の頭を隠そうとしてしまいます。

この感覚は日本人特有の感覚らしいのですが、この感覚が悩みになってしまいその結果はげが進行してしまうなんて事がよくあります。

悩みは無い方が、良いのですがやはり自分のことになると悩んでしまうのが人間ですよね?

夏のはげ隠しに帽子を購入しようとしても、種類があるのでどれを購入するか迷ってしまいます。

一言で帽子と言っても色々な種類がありますよね♪

大きなくくりとしては、

  • ニット帽
  • ハット
  • キャップ

などだと思いますが、どれもファッションなどお洒落アイテムとして着用していると思います。夏にニットはむきませんよね。

これらの帽子を着用すると、はげが進行してしまう!なんて言われていますが実際の所、どうなんでしょうか?

そこで今回は、帽子着用時に頭皮が受ける影響はどのようなものがあるのかご紹介しますね♪

はげの夏の帽子で頭皮に与える影響の種類は?

実際に帽子を着用していると頭皮に与えてしまう影響は、

  • 頭皮の蒸れ
  • 頭皮の擦れ

などですが、今言われても実際それぞれの状況が頭皮や髪の毛にどのような影響を与えるのか想像がつかないですよね。

帽子を着用するのに、ここまで考えて帽子を選ぶ人は多くないはずです。

少し詳しく解説していくので症状ごとに見ていきましょう!

スポンサーリンク

はげの夏の帽子で頭皮の蒸れは?

蒸れの原因は、帽子を長時間着用した結果です。

なぜ、帽子を着用すると頭皮が蒸れるのかというと風通しが悪くなりその結果汗をかいてしまいます。だから頭皮が蒸れてしまうんです!これが長時間なると蒸れもその分ひどくなるので注意してください!

蒸れの対策としては、風通しの良い帽子を購入するか。

定期的に、頭皮をタオルなどで拭くことです。ですが頭皮って結構汗が出るので拭く回数は外気温とともに増えてしまいます。その結果余計な抜け毛を増やすことになります。

まさに、悪循環ですね。

なのでもしタオルで拭くときは、軽く頭に押し付ける様にして使用しましょう。イメージはタオルで汗を吸い取るように軽く押し付けて行いましょう。

頭皮が蒸れたらなぜハゲの原因になるの?

理由はいたってシンプルです。頭皮が分泌した皮脂と汗の影響で雑菌が繁殖しやすい状態になってしまいます。

頭皮が分泌した皮脂と繁殖してしまった雑菌が毛穴を塞いでしまい毛根に直接ダメージを与えます。

結果頭皮環境が悪化してしまい、ハゲが進行してしまうのです。

頭皮の雑菌繁殖は非常に厄介ですので、なるべく繁殖しないように清潔にしておくことをお勧めします。

冬場は保湿効果に期待大?

帽子の着用は夏場の紫外線が多い日だけでは無く、寒い日にも着用することをお勧めします。

頭皮の体温調整には、体の血管が大きく関係していることを知っていますか?人間の体は寒い日には体外に熱を逃がさないように血管を縮めて血流を減らしています。

寒い日に帽子を暖かい帽子を着用すると、頭皮が適度な保温状態になりその結果血行を促進できて冬場の乾燥から頭皮を守ってくれるのです。

帽子は使い方によっては、頭皮ケアになりますよ♪

悪い印象しかないですが、帽子が生まれた理由があるので一概に悪いと決めつけるのはあまりお勧めしません。

なので頭皮ケアグッツになるように、

  • 締め付けすぎない、頭や頭皮の形に合ったかぶりやすい帽子を着用する
  • 長時間着用したままで過ごさない
  • 季節にあった素材を選ぶ
  • 蒸れた場合は帽子を脱いで汗を拭く

などを、気を付けて着用する様にしましょう。

スポンサーリンク

はげの夏の帽子で頭皮の擦れは?

人は動く生き物ですよね。いくら気にしていても多少は擦れてしまうものなので神経質にならないようにしましょう!

擦れる原因としては、

  • 帽子をかぶる
  • 帽子を外す
  • 帽子を着用しながら動く

だと思います。

着用時に帽子と頭皮が擦れてしまい摩擦が発生してしまいますよね?この摩擦が髪の毛に物理的にダメージが発生してしまう事で抜け毛に繋がるという流れになります。

「じゃー、もう帽子着用できないじゃん」と思われがちですが、常識的な被り方をしていれば問題ありません。

常識的な被り方は、

  • 帽子のつばの部分は前に向けて着用する
  • 自身にあったサイズの物を着用する

などですが、帽子が動くのが嫌だからと言って小さすぎる物を着用していると血行が悪くなり頭皮に血液が行かなくなり、結果的に髪の毛に栄養が届かなくて髪の毛が弱り抜け毛が増えてしまいます。

帽子の摩擦なんかで抜けてしまう髪の毛は寝ているときに枕との摩擦で抜けてしまったり、髪を洗っているときに抜けてしまったりします。

「帽子を着用する=ハゲる」なんかでは無く、「長時間帽子を着用する=頭皮環境が崩れてしまう」と言った方がいいかもしれませんね^^

帽子も正しいのを着用すれば薄毛予防にもなりますので、一度着用してみて購入しましょう。

帽子の選び方は?

帽子の選び方としては、

  • 小さすぎず、大きすぎずの物を選択する
  • できるだけ風通しの良い物を選択する
  • サイズの変更が出来る物を選択する

になりますので、ぜひ購入する際の参考にしてみて下さい♪

帽子の種類にもよりますが、帽子の裏がメッシュになっていると風通しが良いのでお勧めになります。

紫外線から頭皮を保護するのが目的!

帽子を着用する理由は、

  • ファッションで着用する
  • ハゲ隠しで着用する
  • 紫外線を防ぐため着用する

など、様々ですよね?ここでの帽子着用の最大の目的としては頭皮を紫外線から守る事です。

紫外線が強い日に、帽子を着用しないで外に出ると、皮脂が酸化してしまい結果毛根を委縮させてしまい
髪の毛本来の成長を妨げてしまいます。

その他に、紫外線によって皮脂が乾燥してしまいその結果頭皮が炎症を起こしてしまい、フケや痒みを引き起こしてしまう事もあります。

夏場の、紫外線が多い日は帽子の着用を心がけましょう。

紫外線は、晴れた日も降り注ぎますが特に多いのが曇りの日なので曇りだからといって帽子を着用しないのは危険ですので注意しましょう!

スポンサーリンク

まとめ

帽子を着用することが頭皮の環境を悪くすると言われていますが、正しい着用の仕方とご自身にあった
帽子を選ぶことでそれらを回避できることが分かりました。

日常生活の中で、環境はたえず変わります。

逆に帽子を着用した方が頭皮を守る事ができる環境もあるので注意が必要になります。

頭皮の通気性だけを考慮するのであれば、帽子は必要ありません。

むしろ、被らない方が通気性は良いですよね。

ただし、冬場など気温が低い場合は通気性は気にせずに逆に頭皮を温める方が頭皮環境にも良いことも分かりました♪

見た目をとるか、通気性をとるか悩みどころですが1つだけではなく用途に合わせた帽子を何個か持っていると臨機応変に対応できるので良いですよね♪

紫外線は、特に注意して環境の変化に気を配り頭皮を守るようにしましょう!

ご自身の頭皮環境は、手間をかけて守るようにしましょう!一度失ってしまえばもう元には戻らない可能性もあるのでまだ、髪の毛がある方は考えてみてください。

是非、参考にして下さいね^^

関連記事

はげはドライヤーで治る?自然乾燥はだめで正しい髪の乾かし方をご紹介!

はげのシャンプーは洗い方がある?頭皮洗浄が一番大事な理由とは!

はげにサプリが効果ある?飲み方や飲むタイミングも決まりがあるの?

はげはランニングが効果的!頭皮環境の改善する方法として汗をかこう!

はげのシャンプーは市販品を使用しても平気なのか?はげに相性抜群のシャンプー種類ま...