YOASOBI(よあそび)とは何者?!楽曲の元となる小説と歌詞は?

最近音楽業界を賑わせているアーティスト・YOASOBI(ヨアソビ)。デビューシングル【夜に駆ける】のMVは1300万回再生を超え、デジタルチャートでは1位を独占!優しい歌声の中の強い意志が印象的なアーティストです。

そんなYOASOBIのことをもっと知りたくなったので、徹底調査です!

早速見ていきましょう!

YOASOBI(よあそび)とは何者?!

昨年11月にインディーズデビューした2人組ユニットのYOASOBI。
顔出しはしていない男性プロデューサーAyase(年齢不詳)と、女性ボーカリストikuraによるユニットです。


ikuraさんはまだ19歳とのことでお若いですね!

先日15日にYouTube【THE FIRST TAKEチャンネル】の企画『THE HOME TAKE』にてikuraさんが初顔出しとなりました。
優しい声から想像通りというぐらい可愛らしいお方でした!

YOASOBIは小説をもとに楽曲を生み出しており、まず楽曲を聴いてから小説を読んで、そのあとにもう一度聴いてみると本当に鳥肌ものです!!!主人公の心情を表しているようでとても聴きいってしまいます!
是非小説の内容もチェックして聴いてみてくださいね♬

スポンサーリンク

YOASOBI(よあそび)とは何者?!楽曲の元となる小説と歌詞は?

では、その小説は何なのか。どこで読めるのか。など、気になりますよね!

実は、ソニーミュージックが運営している物語投稿サイト【monogatary.com】の小説を元にしており

デビューシングル
【夜に駆ける】

は星野舞夜さんの
『タナトスの誘惑』

という小説がもととなっています。
文字数は少ないため、小説を読むのが苦手な人も読みやすいと思います!


内容を見るとよくわかるのですが、夜に駆ける=飛び降りていくさま を表していて...その状況をikuraさんの声によって、より切なく感じてしまい自然と涙がでてきてしまいます。バッドエンドに感じてしまうのですが、それだけでは片づけられないなにかがそこにある気がします。

2作目
【あの夢をなぞって】


『夢の雫と星の花』

がもととなっています。

こちらはアップテンポな曲調です。未来についての男女2人を描いており、1作目とは違う恋愛要素が含まれています。予知夢という設定が私的にすごい好きです。この先の2人をもっと見てみたくなる。そんな作品ですね!

そして3作目となる
【ハルジオン】

『それでもハッピーエンド』

がもととなっています。

主人公の失恋の心情やこれからの先の未来についてが描かれています。いっけん、未練が残っていて辛い。という作品なのかと思いますが、そうではなく 彼と一緒にいた日々も踏まえてこの先も未来にむかって歩んでいく。そんな内容です。
主人公のまっすぐ前をむいて歩いていく姿はとても素敵だと思いました。失恋した方におすすめしたいです!

どの作品も曲調・歌詞と小説のリンク・内容含め、最高のエンターテイメントになっているのではないでしょうか。
是非聴いてみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク

YOASOBI(よあそび)とは何者?!楽曲の元となる小説と歌詞は?  まとめ

 
いかがでしたでしょうか?更に今後が気になるアーティストですよね!今後の活躍を期待しています!
最後までお読みいただきありがとうございました!

関連記事

トイレットペーパー【デマ元ゆうじ】が判明!その後どうなった?

今井克昌容疑者の顔画像やSNSを特定!事故動画と逃走理由がヤバすぎる!

NO IMAGE

村田充と神田沙也加の離婚理由は?離婚の報告が遅れた理由がやばい?

NO IMAGE

ンダホが結婚で相手の顔画像や職業は?美人でかわいいと噂の奥さん!

NO IMAGE

ゆり組がananへ掲載!セクシーが止まらない画像はある?

シャープマスクの注文方法は?一般販売は何時から何時まで?