七五三は何歳で行うの?七五三の決まり事とは?

子供が大きくなったら、七五三は必ず行いたい行事ですよね。
七五三は子供の成長を祝う行事の一つですが、七歳、五歳、三歳に祝うことを知っていても実際、男の子と女の子の違いや、早生まれはいつ頃お祝いして良いものなのか悩む方も少なくありません。

今回は、

・七五三とは何か?
・七五三はいつ行うのか?
・女の子、男の子で違うところはあるのか?
・七五三は、数え年で行うのか満年齢で行うのか?
・早生まれはいつ行うの?
・千歳飴って何?
・七五三の写真はいつ撮影するの?

などの疑問についてご紹介致します。是非参考にして下さいね!

七五三って何?

七五三(しちごさん)とは、その名の通り7歳、5歳、3歳の子どもの成長を祝う日本の独自の行事であり、神社で「七五三詣で」を行い神様へご報告、感謝、祈願を行う奉告祭になります。

現在では「七五三」という名称から、その年齢に行う同じ行事のように捉えられていまいますが、実際には、それぞれの年齢で行う、別々の異なった行事であるようです。
世間では3つの子供の行事を、「七五三」と呼んだため、本来の神事の内容が薄れてしまい、同じ行事のように思われているようです。そのため、現在でも地方によって年齢や祝う内容が異なります。

スポンサーリンク

七五三はいつ行うの?日にちは決まっている?

そもそも男の子と女の子でお祝いする年齢が違います。

・三歳・男女とも両方
・五歳・男の子
・七歳・女の子

となります。

お祝いする日は 毎年11月15日 です。
ですが、子供の体調が優れなかったり、お休みが取れなかったりで都合が悪い場合もありますよね。
なので、実際では10月~12月初旬の大安、また土日を利用してお参りに行く人が多い異様です。
子供達にとっても、思い出に残る行事なので体調管理を怠らず素敵な思い出の1ページになるようにしてくださいね!

ちなみに北海道などの、寒冷地では11月になるとかなり寒くなるため1ヶ月早めた、10月15日に行うことが多いようです。

大安吉日の意味などはこちら。

スポンサーリンク

七五三は、数え年で行うの?満年齢で行うの?

明治時代までは、数え年でお祝いしていたようですが、今は満年齢でお祝いする家庭が多いです。

満年齢とは、年齢や年数の数え方の一つで生まれた最初の年を「0歳」から数え始め、以後1年間ごとにそれぞれ1歳、年を加えていく考え方です。

神社の神主さんが、皆さん年子の兄弟・姉妹などがいる場合は「上の子は満年齢で下の子は数え年で」と上手に組みあわせて一緒にお祝いをしているとおっしゃっていました。

なので、神様にご報告が出来れば少し、早くても問題は無いようです。

スポンサーリンク

早生まれはいつ行うの?

早生まれの子供は1月1日~4月1日に誕生日の子ですよね。
お祝いするタイミングも数え年でお祝いなのか満年齢でお祝いなのか少し悩みます。

結論!もちろんどちらでも大丈夫なのですが。一番小さい3歳のお祝いは満年齢でする家庭が多い様です。
行事中寝ているのが一番ですが、小さすぎるとぐずったりしますよね?理由はそこみたいです。

もちろん、数え年で行っても良いので家族の方と話されてから決めることをオススメします。

スポンサーリンク

千歳飴って何?

「千歳飴(ちとせあめ)」は、親が子に長生きして欲しくて与えて食べさせたという風習があった為、現在でも長生き祈願として引き続き行われています。
千歳飴という名称は、「千年」つまり「長い」「長生き」という良い意味があると共に、細く長くなっており(直径約15mm以内、長さ1m以内)、縁起が良いとされる紅白それぞれの色で着色されています。千歳飴は、鶴亀(つるかめ)や松竹梅などの縁起の良い図案の描かれた千歳飴袋に入れられており、神社で神様への七五三詣でを行うと、神主さんから頂けます。

スポンサーリンク

七五三の写真はいつ撮影するの?

・お参りに行った当日に自分のカメラで撮影する
・写真館等に行って事前に撮影してもらう

上記の、「当日」か「事前」の2パターンになりますよね。
七五三の着物を購入している場合はお参り当日に着せて神社で撮影するのが主流だと思います。
もちろん、その後に写真館でプロの方に撮影して頂くのも良いですよね。

神社にて撮影をする際には、我が子がかわいいのは分かりますが、周りに人が居ることをお忘れなくルールを守って撮影しましょう。

ちなみに我が家は、お財布の事情もあり購入が出来なかったため、写真屋さんで撮影してもらいました。沢山の着物や小道具などが用意されているため助かりましたし、写真を撮影して下さった方は、プロの方なので写真もカメラ目線で、安心しました。

最近では子供用のスーツやドレスなどが用意されていて、着用することが出来るので特別な一枚が撮影できました。

今見ても、ニヤニヤしてしまいます。笑

私が住んでいるところは、子供が多いため混雑することを想定して、写真屋さんに事前予約しました。
当日、写真屋さんに行くと予約したにも関わらず大混雑していました。なので時間に余裕を持って行くことをおすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

・お祝いは11月15日とされている
・男の子は3歳5歳でおお祝い
・女の子は3歳7歳でお祝い
・年齢は満年齢で行う家庭が多い
・写真は事前でも、当日でも可(要予約)

ご家族皆さんで、神社にご報告をすることが大事になります。寒い時期になりますのでお子さんの体調に気をつかい、素敵な思い出の1ページを作って下さいね。

神社の参拝方法などはこちらを参考にして下さい。

関連記事

初夢の一富士二鷹三茄子の意味とは?続きがあるって本当?

大安吉日 六曜を知れば冠婚葬祭などを行う上で役立ちます!

こどもの日の意味を幼稚園児や子供向けに簡単に解説する方法は?

紫外線から来る目への影響とは?紫外線を放置するとどうなるの?

5月人形の兜の飾り方や方角に決まりはあるの?組み立て方などを簡単解説!

神社へお参りの仕方|神社の正しい参拝の仕方